使用感とにおい重視!

ボディ用の日焼け止めを選ぶ際は、使用感とにおいを何より重視しています。使用感については、ベタベタせずジェル状ですーっと肌になじむものを選んでいます。たまに「サラサラ」と表記されているものだと、パウダーが入っているのか、塗った後にやけにヌルヌル・サラサラするものもあるので、「サラサラ」も避けています。

また、においについては、なるべく無臭のものが好きです。香料がたっぷり入っているものは、つけていて気分が悪くなってしまうことがあるため、避けるようにしています。これまで使って便利だったのは、スプレー状の日焼け止めです。海に行ったときなど、汗や水で落ちやすい環境でも付け直しやすく、便利でした。フェイス用の日焼け止めは、基本的には使っていません。ファンデーションにUVカット機能があるため、日焼け止めは塗らずにファンデのみで済ませています。海やプールに行く日や一日外にいる日のみ、オーガニックブランドの日焼け止めをファンデーションの前に塗っています。

オーガニックなので使用感はあまり良くありません。汗をかくと浮いてくるし、肌の色も少し白っぽくなります。でも肌への負担を考えて、フェイス用は石鹸でも落とせるオーガニックのものを選んでいます。
参考サイト→http://xn--ccspf50-rt4fvpgdsj.tokyo/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です